ハマリを理解する

 

ハマリとは、パチンコを打つ上で必ず経験するものです。

1000回ハマッたら「もう出ない、悪い台に座ったな~」と適当なところで止めて、運が悪かったで片付けるでしょう。

 

しかし、プロは違います。

打っている台がボーダーライン以上回り、期待値がプラスであれば、

現金投資が許されるギリギリの時間帯まで粘ります。

 

確率にはムラがあります。

連チャンするときもあれば、ハマるときもあります。

いずれは収束するのですが、ハマリを避けることはできません。

 

『ハマリの割合』

 

等倍ハマリ : 1/3(37%)

2倍ハマリ  : 1/7(14%)

3倍ハマリ  : 1/20(5%)

4倍ハマリ  : 1/50(2%)

5倍ハマリ  : 1/143(0.7%)

6倍ハマリ  : 1/1000(0.1%)

 

等倍ハマリとは、サイコロで説明すると、6回サイを振って当たりを引けない状態をいいます。

パチンコで考えると、1/300の台を打って300回転回しても当たらない状態が等倍ハマリです。

現在のパチンコの機種は、1/300程度の大当たり確率が主流となっています。このような確率の機種で1000円あたり25回転の台を打った場合、12000円投資をしても当たらないことが3回に1回はあることが上記の表から分かります。

 

いずれ確率は収束しますが、常に2倍・3倍のハマリを覚悟した上で打つようにしましょう。

ハマリは決して避けることはできませんので、いかに現金投資をせず持ち玉で打つかが重要になってきます。

パチンコの期待収支とは