効率良く打つ方法

 

効率の良い方法とは止め打ちです。

止め打ちは、

保留ランプの3個目が点灯した時に止める。

保留ランプが2個になった時に打ち出す。

 

なぜ、保留ランプ3個目に止め打つのかと言うと、保留ランプ3個目に止め打った時に、盤面上に残った玉がスタートチャッカーに入る可能性が十分にあるからです。

ほとんどの機種が、保留3個目・4個目が点灯すると時間短縮機能が付いており、通常より少し早めにデジタルが停止するようになっています。

ですから、少しでも回転数を早く回し、無駄な玉を打ち出さないようにするには、上記の手順を機械的に繰り返すことが最も効率が良い方法とされています。

メールチェックの重要なポイント