パチンコの大当たりの仕組み

パチンコは打ち方次第で安定して稼ぐことができます。

まずはパチンコの種類ですが、「デジパチ」・「権利モノ」・「羽モノ」・「一般電役」・「CR機」・「甘デジ」・「ST機」などに分類されます。

 

大当たりの仕組みは、大当たり乱数により抽選されています。

抽選されるタイミングはスタートチャッカーに玉が入った時点となります。

パチンコ内部のプログラムは、この乱数を使って大当たり演出や停止図柄などを決定する仕組みになっています。(この乱数による抽選は、現在設置されているパチンコ台全てに採用されています。)

 

つまり、どんなに信頼度の高いスーパーリーチが何回こようと、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に大当たりの抽選に当選されていなければ、当たらないということです。

逆に大当たりに当選されていれば、信頼度の低いノーマルリーチでも必ず当たるようになっています。

パチンコの仕組みが分かると、ホールで無駄な行為をしている人がいかに多いかが分かるはずです。

 

例えば、リーチ中にボタンを連打したり、台を叩いたり、ガラスに触ってお願いしたりするのは何の意味もないということなのです。

自分の座っていた台に次の人が座り1000円で当たってしまい、「あと少し打っていれば当たっていたのに」という後悔は、勘違いだったということがお分かりいただけると思います。

 

例えるなら、大当たり確率が1/300の台は、300個あるくじの中に当たりくじが一つあり、引いては戻すというくじ引きを繰り返しているのと同じなのです。

これがパチンコの仕組みです。

パチンコの確率を理解する