機械割を理解する

 

機械割とは、出メダルの放出率のこと言います。

放出枚数/投入枚数で求められる数値で、投入枚数を100%として計算する。

すなわち機械割が100%を超える台であれば「勝てる台」であり、100%を下回れば「負ける台」である。

 

例えば、110%の台に1000回転分(3000枚)つぎ込んだとすれば
3300枚が放出される計算となります。

1枚20円(等価交換)として計算すれば、3000枚=60000円の投資に対して66000円の払い戻しを得ることになるのです。

逆に90%の台に3000枚投資したとすれば2700枚放出で300枚の減数という計算となり、60000円の投資に対して払い戻しは54000円となる。

 

確率という不確定要素がからむため、平均的な期待収支と考えてください。

 

機械割107%で、等価交換、8000回転打った場合の期待収支は、

107%×3000枚=3210

1000回転で210枚増加ということになり

 

210枚×20円×8(千回転)=28800

期待収支は、28800円になります。

 

機械割108%で、等価交換、8000回転打った場合の期待収支は、

108%×3000枚=3240
1000回転で240枚増加ということになり

 

240枚×20円×8(千回転)=38400

期待収支は、38400円になります。

 

日給3万円以上稼ぐには、機械割108%以上必要ということになります。

機械割(PAYOUT)と回転数の差枚数表