P沼 パチンコ スペック・設定判別・演出信頼度・ボーダー・動画・解析攻略まとめ

P沼 パチンコ新台 3段階設定付き
©TAKAO
2018年12月3日導入予定
パチンコP沼に関する解析・攻略情報まとめになります。

PV動画

・スペック
・ボーダー
・止め打ち
・設定判別要素
・演出信頼度

などこちらのページにてまとめていきたいと思います。

それでは、詳細をご覧下さい。




———スポンサードリンク———

 

導入機種情報

P沼 パチンコ新台 3段階設定付き 筐体

導入機種情報
導入日 2018年12月3日
導入台数 調査中
メーカー 高尾
仕様 3段階設定付き
タイプ 役モノ機

スペック詳細

スペック
大当たり確率 設定C 1/15.9→1/12.7
設定B 1/13.5→1/10.8
設定A 1/9.9→1/7.9
賞球/カウント数 15&1&3&4&7&13/3C
大当たり出玉
(払出/右アタッカー/3c×13個賞球)
2R×62回1セット 約4836個

ボーダー

ボーダー
(4.0円交換)
設定 表記出玉 出玉5%減
C 0.85 0.90
B 0.72 0.75
A 0.51 0.54
ボーダー
(3.5円交換)
設定 表記出玉 出玉5%減
C 0.90 0.94
B 0.75 0.79
A 0.54 0.57
ボーダー
(3.3円交換)
設定 表記出玉 出玉5%減
C 0.93 0.97
B 0.78 0.82
A 0.55 0.58
ボーダー
(3.0円交換)
設定 表記出玉 出玉5%減
C 0.97 1.02
B 0.81 0.85
A 0.58 0.61
ボーダー
(2.5円交換)
設定 表記出玉 出玉5%減
C 1.06 1.11
B 0.89 0.93
A 0.63 0.67

【ボーダー算出条件】
・6時間実践、電サポ中の出玉増減なし
※暫定版、沼攻略チャンスからの当選は含めず
参照:パチンコ攻略マガジン

ゲーム性・システム

◆①第1関門「釘の森」
P沼 パチンコ新台 3段階設定付き 釘の森 スルー

まずは盤面中央のスルーを狙いましょう。

大量の釘が存在する「釘の森」を突破し、
スルーを通過した玉は第2関門「鉄の番人」へ。

◆②第2関門「鉄の番人」
P沼 パチンコ新台 3段階設定付き 鉄の番人

クルーンへの侵入の阻む「鉄の番人」は、
常に羽根の開放を繰り返しています。

羽根が開いた際に玉がここを通過すれば、
第3関門「3段クルーン」へ。

◆③第3関門「3段クルーン」
P沼 パチンコ新台 3段階設定付き 3段クルーン

3段クルーンは赤穴に玉が入ると下段クルーンに突入し、
最終的に3段目の赤穴に入れば大当り!

なお、実際には2段目の赤穴入賞で大当りを抽選し、
3段目クルーンは大当り抽選結果を見せる演出クルーンとなっています。

◆④大当たり後
大当り後は右打ちで消化しましょう。

盤面右下には3つの入賞口が存在し、
上・中段がアタッカー、下段が電チューとなっています。

大当り獲得後は「2R消化→電チュー当選→2R消化→…」が62セット終了まで継続。

◆⑤ラストチャンス
P沼 パチンコ新台 3段階設定付き WINランプ

大当り終了後は電チュー残保留1個で大当りを抽選。

1/15.9~1/9.9(設定C~A)の確率で抽選され、
盤面右のWINランプが点灯すれば大当り!

◆⑥沼攻略チャンス
P沼 パチンコ新台 3段階設定付き スルー 電チュー開放抽選

P沼 パチンコ新台 3段階設定付き スルー 電チュー開放抽選 カードジャンケン

盤面には全部で4つのスルーが存在(上記画像の黄枠)。

スルーを通過することで電チュー開放抽選のカードジャンケンが発生※。

勝利時は電チューが開放されるので、
右打ちで保留を満タンにしましょう(最大で2回転分)。

電チュー保留変動で3段目クルーンが発生すれば「沼攻略チャンス」。

このルートでも赤穴に入れば大当りとなり、
盤面右左側には下記のチャンスアップも存在。

【チャンスアップパターン】
P沼 パチンコ新台 3段階設定付き 沼攻略チャンス

・クルーン…白<緑<赤<虹
・玉数…1個<2個<3個
・玉色…銀<青<緑<赤<虹
・傾斜…なし<あり

止め打ち

調査中

設定判別

◆通常時・大当り確率
・途中(夕方など)から実践時
・過去(前日・前々日など)の設定状況

…などは大当り確率をチェックしましょう。

目安として確率が1/10以上なら高設定の可能性アップ。
※総回転数が多いほど信頼性もアップ

設定 大当り確率
C 1/15.9
B 1/13.5
A 1/9.9

◆大当り消化中・総回転数
本機の大当りは2R×62回1セットの消化となりますが、
この62回の抽選確率にも設定差が存在。

その為、高設定ほど少ない総回転数で、
大当りが終了しやすいという特徴があります。

62回を何回転で消化したのかをカウントすることで、
1度の大当りでもかなりの設定判別要素となります。

設定 右打ち中
大当り確率
平均消化回転数
C 1/12.7 約787回転
B 1/10.8 約670回転
A 1/7.9 約490回転

※大当り消化中は盤面右側のサイコロランプに抽選結果の表示あり(バラケ目→ハズレ、ゾロ目→大当り)
※サイコロランプの総停止数=大当り消化中の総回転数

設定示唆演出

調査中

演出信頼度まとめ

調査中